アイドル楽曲大賞2015に投票できなかった

今年もまた間に合わなかった…

 

メジャー部門

5位 I.D.O.L.R.A.P / lyrical school

T-Paletteがメジャーで括られるのにはかなり違和感あるんだけど、公式のレギュレーションがそうなっているのでこちらに。2015年は何となく今まで避けがちだったアイドルのラップをよく聴いた年だった。「何でもありのこの世の中で アイドルがラップするからよく聴け」って格好良い。グループ/メンバーへの思い入れは一切無いので誰それが卒業してどう、とかはあまり。

 

4位 Never ever(TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix) / 東京女子流

ヴァージョン違いの中ならこれ。何度か聴いてるうちに案外音が薄いことに気付いてしまったりもしたけど、結局今これが出来るアイドル(じゃなくなったんだっけ…)って他に居ない。

 

3位 ちぐはぐ・ランナーズ・ハイ / チームしゃちほこ

デンジャラス大凶作なしゃちほこの2015年の中で、唯一この曲だけが救い。浅野くんと言えばベースだけど、この曲はドラムがめちゃくちゃ格好良い。ちなみにしゃちほこ失速の原因はシャンプーハットだと思われがちだけど、あれは佳作。川谷絵音の変態じみた曲を見事にアイドルに寄せたCMJKはやっぱり凄い。本当の戦犯はどう考えてもしまじろうとバカボンのツープラトン。来年はどうか妙な気を起こさず、しゃちほこらしく"堅実に攻めて"欲しいです。

 

2位 嫉妬の権利 / 乃木坂46

歌詞が信じられない位ダサイ。こんなにメロディ乗りの悪い詞は中々無いと思う。

みんなでいる時 あなたが話していた

「House of cards」のDVD すぐに借りてきた

シーズン2まで一気に観終わって

その感想とか語り合いたかったけど…

特に酷いのがここ。詞先で無理やり突っ込んだんだろ?と秋元康のエゴを疑わずにはいられない。じゃあ何故2位か?って話だけど、クソみたいな詞を補って余りあるくらい曲が好み。間奏なんかいかにもHΛLっぽくて超気持ち良い。*1 堀ちゃんとひめたんの2トップに北野日奈子のトップ下、なフォーメーションが新鮮だけどばっちりハマって見えたのも発見だった。

 

1位 キングオブ学芸会のテーマ~Nu Skool Teenage Riot~ / 私立恵比寿中学

1グループ1曲で縛らないと上位5曲が全部エビ中になりかねない位、金八というアルバムが衝撃だった。ギミックだらけのジェットコースター的楽曲ってもう大抵の事はやり尽くされたのではと思っていたけど、Atari Teenage Riotを持ってくるアイドルは見たことなかった。すっとぼけた歌詞にガバキックがズンドコズンドコ鳴る爽快感。昨年のいいくらしと言い、吉田哲人神推しが決定的になった一曲。

 

 

インディーズ/地方アイドル部門

3位 asthma / BELLRING少女ハート

件の夏の魔物映像を観てハマったクチ。オタクが発煙筒焚きながらチャントみたいの歌うシーンはセリエAかと思った。歌えるグループにちゃんと歌ってもらったやつを聴きたい…

2位 MONSTERS / BiSH

現場で観たときとても格好良かったので。OTNKとStory Brighterも大体同じくらいの位置。楽曲のクオリティの安定感は今のところBiSよりもBiSHな印象。

1位 元気売りの少女~浪花名歌五十選~ / たこやきレインボー

姉グループが色々試行錯誤してもがいている中、四女だけは一貫して笑顔元気ハイテンション関西系。勢いで押し切るスタイル。他グループの苦悩を見て疲れているとその前向き加減に救われる。ラストのDメロが格好良い。

 

来年もアイドルばかり聴いて生きてゆきたいです。ざんねーん!!

*1:作編曲の丸山真由子HΛLの元メンバー