読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氣志團万博2015(2日目)@袖ヶ浦海浜公園

1日目も行くつもりではいたんだけど、朝早くて面倒(で組)、どうせメインステージじゃないし(しゃち)という意識の低さで2日目だけ。観た演者は氣志團、DJダイノジエビ中ももクロ

ミュージシャンとしては三流、時代錯誤の寒いコミックバンド、辛うじて楽器ができるゴールデンボンバー、程度の認識だったし、生で観てもやっぱりその印象は変わらなかった。何で毎年この規模のフェスのオーガナイズが出来るんだろうとさえ思ったけど、MCで客や共演者にひたすら感謝する謙虚な姿だったり、絡むアイドルが口々に「翔さんはとにかく優しい、スゴイ」的な話をするのを見聞きしたりして綾小路翔人間力の高さは何となく理解できた気がする。

サマソニだったかカウントダウンジャパンだったかでアイドル曲を回して凄い沸き方をした、というのは聞いたことがあったのでそれを期待して観た。大谷がDJ、大地はエアギターと煽り、という役割分担。大谷が普通に下手糞でズッコケたけど、煽りの上手さもあって会場は盛り上がってた。

M01. READY STEADY GO
M02. What Happened To You
M03. PARTY PARTY
M04. MONSTER DANCE
M05. マグロに賭けた男たち
M06. うそつき。
M07. イケナイ太陽
M08. 創聖のアクエリオン
M09. 銀河
M10. 夜明けのBEAT
EN1. nerve

思い切りロック寄りのmixでいやいやアイドルは?と思っていたら最後の最後に特大のやつ突っ込んできて、今までどこに潜んでいたのか駆けつけてきたオタク達とエヴィゾる熱い展開があった。この日のアイドル枠を考えたらももクロエビ中のファンしか居ないはずだけど、怪盗でもMXでもなく、たった1曲で空気を作ってしまうnerveの魔力に改めて驚かされた。

可能な限り人波を掻き分けてステージテラカド(何でダチョウ倶楽部なのかは謎)の5列目くらいまでは辿り着いてさあ来いと構えていたら、自己紹介もそこそこに中央の花道に移動して怒涛の20曲ノンストップメドレー。結局出番が終わるまで花道から動かず、両手も満足にあげられないようなスペースで音だけ聴く羽目になった。完全ノンストップのメドレーには賛否あるようだけど、自分は(意図を理解したうえで)否定派。30分の持ち時間で20曲って、1曲あたり1~2分。どう頑張ってもAメロからサビまで。エビ中楽曲の打率の高さ、引き出しの多さを新規にアピールしたい気持ちは分かるけど、たかだか2分そこら聴いた程度で記憶に残せるひとなんてそうたくさん居ないのでは… 勿論既存ファンは満足にコールも振りコピもできずに不完全燃焼。どっちつかずの作戦ミスだと思った。

対してももクロは安定を取ったフェス仕様パッケージ。 

M01. Link Link
M02. words of the mind
M03. 愛羅武勇
M04. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
M05. SECRET LOVE STORY
M06. ツヨクツヨク
M07. 行くぜっ!怪盗少女

これが追うグループと追われるグループの違いかな、と思った。 ももクロはもうとっくに人生ゲームアイドル版を"上がって"いて、強くてニューゲーム状態。あとは表現力の向上だとかの話になっていて冒険する必要がない。言っても飽きられかけているので守る大変さみたいなものはあるんだろうけど。

この2グループの力関係が変わる日がいつか来るのかね。ゴールデンクロスポイントになり得るのは年明けのタイナマイトだと思っているので、そのへんに注目しています。